人事評価における評価方式はどれが一番良いの?尺度式?目標管理方式?

2023.09.18
人事評価における評価方式

人事評価の方式を決める際には、組織の目的や方針、従業員の特性やニーズ、評価者の能力や負担などを考慮する必要があります。以下に、それぞれの方式の特徴やメリット・デメリットを簡単に紹介します。

尺度方式

尺度方式とは、評価項目と評価尺度を事前に定めて、従業員の実績や能力を点数化する方式です。メリットデメリットは以下の通りです。

メリット
  • 客観的で公平な評価ができるこ
  • 評価基準が明確でわかりやすいこと
  • 評価制度の作成やメンテナンスをしやすいこと
デメリット
  • 評価項目が固定化されて柔軟性に欠けること
  • 尺度が上司によるばらつきが出やすく、不公平感が生じる可能性があること

導入の難易度が低いため、初めて人事評価制度を導入する組織におすすめです。

択一方式

択一方式とは、評価項目ごとに複数の記述式の選択肢を用意し、従業員の実績や能力に最も近いものを選ぶ方式です。この方式のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 評価者の主観や偏見を減らすこと
  • 評価結果を具体的に示すことができること
  • 上司による評価のばらつきが出にくいこと
デメリット
  • 選択肢が限られているために細かい差異を捉えられないこと
  • 選択肢が不適切な場合に正確な評価ができないこと
  • 評価項目の作成や追加・メンテナンスの負担が大きいこと

業務内容や評価項目が安定している組織に向いています。尺度方式では評価にばらつきが出る場合や上司による評価のバラつきをなくしたい場合でかつ評価の項目が安定し、人事評価制度のメンテナンスを行う担当者がいる組織に推奨します。

目標管理方式

目標管理方式とは、従業員と上司が共同で目標を設定し、その達成度合いを評価する方式です。この方式のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 従業員の自主性やモチベーションを高めること
  • 目標に沿ったフィードバックや支援ができること
  • 社員それぞれが目標を設定するため尺度方式や択一方式に比べて各個人に最も適した評価項目を設定できること
  • 社員ごとに目標を設定するため、人材育成を効率的かつ効果的に実施できる。
デメリット
  • 目標の設定を社員や上司が適切に行うスキルが求められること
  • 上司が正しい評価をするスキルが必要であること
  • 目標達成に偏重して他の要素が見落とされること

 

人事評価制度に慣れている組織に向いています。初めて人事評価制度を導入する組織には難易度が高いため、まずは尺度方式を導入し、制度に慣れてから目標管理方式を導入することを推奨します。人事制度に慣れ、かつ社員個人個人に合理的な評価項目を設定し、効果的な人材育成をおこないたい場合に導入することをお勧めします。

おすすめの導入手順

人事評価制度を初めて導入する会社には「尺度方式」を推奨します。人事評価制度を導入することは素晴らしいことですが、難しい制度を導入してしまうと運用につまづいてしまうことが少なくありません。まずは社員が導入しやすい「尺度方式」を導入することを推奨します。

人事評価制度に慣れ、もっと人事評価制度を進化させたくなったら、その目的にそって「択一方式」や「目標管理方式」を導入します。例えば、業務内容が安定している製造ラインや製造職場、販売スタッフ、受付スタッフ等は各人の目標が似ていることが多く、個々人の目標設定は負担が大きいため「択一方式」を推奨します。総合職や企画提案担当者、IT関連職、専門職のように担当業務の変化や進歩が速い職種には「目標管理方式」を推奨します。

評価区分によって方式を変更することも重要です。「目標管理方式」は「業績評価」や「能力評価」には適していますが、「行動(意欲)評価」については「尺度方式」や「択一方式」が適しています。

まとめ

以上のように、人事評価の方式にはそれぞれ長所と短所があります。
組織や従業員に最適な方式を選ぶためには、各方式の特徴や効果を理解し、実際に適用してみて効果検証を行うことが重要です。人事評価は組織の発展や従業員の成長に大きく影響するものですから、常に改善しようとする姿勢が求められます

初めての人事評価システムの導入には、HRvisをご活用ください

「HRvis」は、人事のプロである社会保険労務士と、システムのプロが共同開発した、クラウド型タレントマネジメント人事評価システムです。スキルマップを活用した社員のタレント管理自社に合わせた人事評価制度のカスタマイズが可能です。また、他の人事評価サービスにはない、賃金・賞与査定機能も取り揃えております。

公平な人事評価の実施や、スムーズな人材育成、マネジメントの労力削減のためにも、自社の状況に合わせた人事評価システムの活用をぜひご検討ください!!

ロイヤル総合研究所
コンサルティング部