人事評価制度の作成はコンサルタントに依頼すべき?

2023.10.23

はじめに

人事評価制度を作成する際には、コンサルタントに依頼する方法自社で作成する方法がありますが、どちらがよいのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを整理しながら見ていきましょう。

コンサルタントに依頼するメリットとデメリット

コンサルタントに依頼するメリットとデメリットは、以下のような点が挙げられます。

メリット

・コンサルタントは人事評価制度の専門家であり、多くの企業の事例やベストプラクティスを持っているため、最適な制度を提案してくれる可能性が高い。

・コンサルタントは中立的な立場であるため、社内の利害関係や政治的な圧力に左右されずに、客観的な視点で制度を設計してくれる。

・コンサルタントは制度作成のプロセスやツールを持っており、効率的かつスムーズに制度を導入するための支援をしてくれる。

デメリット

・コンサルタントは高額な費用を要する場合が多く、予算やコストパフォーマンスの面で負担が大きい

・コンサルタントは自社の文化や特徴を十分に理解していない場合があり、自社に合わない制度を提案してしまう可能性がある。

・コンサルタントは制度作成の後に関与しない場合が多く、制度運用や改善については自社で対応しなければならない。

自社で作成するメリットとデメリット

自社で作成するメリットとデメリットは、以下のような点が挙げられます。

メリット

・自社で作成する場合は、コンサルタントに比べて費用が抑えられる

・自社で作成する場合は、自社の文化や特徴を踏まえて、自社に最適な制度を設計できる。

・自社で作成する場合は、制度作成から運用や改善まで一貫して関与できるため、制度への理解やコミットメントが高まる

デメリット

・自社で作成する場合は、人事評価制度の専門知識や経験が不足している可能性があり、最適な制度を設計できないかもしれない。

・自社で作成する場合は、社内の利害関係や政治的な圧力に影響されやすく、客観的な視点で制度を設計できないかもしれない。

・自社で作成する場合は、制度作成のプロセスやツールが不十分である可能性があり、制度導入に時間がかかるかもしれない。

企業の成長段階別にどの方法が最適か

人事評価制度を作成する際には、コンサルタントに依頼する方法と自社で作成する方法のどちらがよいかは、企業の成長段階によっても異なります。一般的には、以下のような傾向があります。

起業期や初期成長期

人事評価制度の導入自体が初めてであり、人事部門や経営陣の負担が大きいため、コンサルタントに依頼する方法が有効です。

成熟期や再生期の企業

人事評価制度の改善や見直しが必要であり、自社の文化や特徴に合わせた制度を設計することが重要であるため、自社で作成する方法が有効です。

まとめ

人事評価制度を作成する際には、コンサルタントに依頼する方法と自社で作成する方法のどちらがよいかは、それぞれのメリットとデメリットを考慮しながら、企業の成長段階や目的に応じて選択する必要があります。どちらの方法を選択しても、制度作成は一度きりではなく、定期的に見直しや改善を行うことが重要です。

 

ロイヤル総合研究所

代表社労士 森崎

HRvisなら人事評価制度を簡単に作成・運用できる!(詳細はここをクリック)